ヘアサイクル(毛周期)

ヘアサイクル(毛周期) ブログ1

一時的な抜け毛なのか、それともなにかの問題で、髪の毛が抜けて黄色信号を発しているのか?の判断をするために、指標となるのがヘアサイクルです。

髪の毛は毛母細胞が細胞分裂して生まれ、どんどん成長し、やがて寿命を迎え、自然に抜け落ちていきます。そして、また新しい髪の毛が次々に生まれます。

こうした髪の毛が生まれて抜けていくまでの周期を、ヘアサイクル(毛周期)といい、『成長期』⇒『退行期』⇒『休止期』を2年から6年のサイクルで繰り返しているのです。

『成長期』

毛細血管から取り入れた栄養をもとに、毛球部で毛母細胞が盛んに分裂を繰り返し、作られた髪の毛を上部へ押し上げている期間です。

成長期はおよそ男性では2年から5年、女性では4年から6年で、通常は頭髪の全本数の約85〜90%ぐらいが成長期の段階にあります

このサイクルが正常な方は、成長期の髪でフサフサな髪の毛を保っています。

『退行期』

毛母細胞の分裂が急激に衰え、成長を終えた毛球部が収縮し始めて毛乳頭と離れて、髪の成長が止まる時期です。

期間はおよそ2週間から3週間前後で、頭髪の全本数の約1%が退行期になっています

この期間には、髪の毛の色を決定する色素細胞も活動を緩めます。

髪の毛では、毛母上部の細胞は角化して棍棒状になり、毛包に包まれて上の方に上がって行き、髪が抜ける準備をします。

『休止期』 

退行期のあとは、毛母細胞の細胞分裂がストップし、毛の製造・伸長も完全休止状態となります。

休止期は3ヶ月から4ヶ月ぐらいつづき、頭髪の全本数の約9%から14%が休止期ともいわれています

女性の場合はこの時期が2年も続くような場合もあります

休止期は、ヘアサイクルという髪の毛の一生の終わりを表していて、私たちが抵抗できない時期になります。

毛幹は、棍棒状になり上の方に押し上げられ、毛包の深さが3分の1程度になります。

休止期毛は外毛根鞘に包まれた形でしばらくは、毛包内にとどまっていますが、この時期に物理的な刺激により引っ張られたり、こすられたりすると抜け落ちてしまいます。

『休止期から成長期』

毛乳頭が活動を再開し、新しい髪の毛を発生させる時期です。

休止期が終わりに近づくとバルジの幹細胞と活動を休止していた毛乳頭とのあいだで様々な成長因子が働き、毛乳細胞が再びつくられて、真皮側に向かって新しい髪の毛をつくり始めます。

新しい髪の毛の成長が始まると、休止期で止まっていた古い髪の毛は押し出されて抜け落ち、新しい髪の毛は皮膚表面に出てきて成長を続けます。

ヘアサイクル(毛周期) ブログ2

ヘアサイクルの乱れ

年齢を重なるとともに、退行期や休止期に当たる毛の数が増えてきますが、これは誰しも避けれない老化現象です。

しかし年齢や性別に関わらず、ホルモンのバランスなどが崩れてへアサイクルが乱れると、新しい髪の毛が生えてこないため、髪の毛が次第に薄くなってきます。

ヘアサイクルを繰り返すうちに次第に成長期が短縮し、休止期にある髪の毛の割合が増加して毛がやせたり、薄くなるといういわゆる細毛化現象(本来の硬毛から軟毛化)が起こり、毛包がミニチュア化していきます。

近年増えている男性型脱毛症(AGA)は、遺伝的素因に基づいて思春期以降に前頭部、頭頂部に進行する脱毛をいいます。

脱毛といっても毛包が無くなったり、まったく髪の毛が生えてこないわけではなく、生まれて育とうとしている産毛が脱毛因子によって次々捕獲され、放り出されている状態です。

成長期の短縮とともに毛髪も短縮し、老化した頭皮になると著しく毛包が小さくなって皮膚表面に出現しにくくなってしまいます。

まとめ

人間は一生のうちに15回ぐらいヘアサイクルをくり返しますが、ひとつひとつの毛包が別々の周期を営んでいるため、動物のようにいっせいに毛替わりして大量に抜け毛が生じることは、新生児脱毛の時期以外はありません。

たとえば髪の毛が10万本ある人の場合、約10%に当たる約1万本が退行期と休止期に当たります。

休止期から成長期に移行する3ヶ月から4ヶ月におよそ1万本が抜け落ちる計算になりますが、それほど心配する必要はありません。。

1日という単位で考えると、80本から100本の抜け毛があっても、異常ではありません

抜けた髪の毛は、ごく普通に寿命をまっとうしただけで、抜けた髪の毛と同じ数だけまた髪の毛は生えてきます

髪の毛は、健康な人で1日に約0.3mmから0.5mmずつ、1ヶ月で約1センチ伸びます

眉毛は約2ヶ月、すね毛は約3ヶ月、わき毛は約5ヶ月の周期で生え替わります。髪の毛の寿命は2年から6年と他の毛より寿命が長く、その分毒素も長期間にわたり蓄積されています。

長期間にわたるだけに、健康な髪の毛を保つためにも、頭皮という土壌をしっかりと耕し、栄養を届ける事が重要になります

電話案内

24h予約

レメディのご案内

育毛鍼について詳しくはこちら

育毛鍼

この記事に関する関連記事