抜け毛・薄毛の種類

抜け毛・薄毛の種類ブログ1

男性の場合は、額の生え際が後退するタイプ(M型)とつむじ周辺から頭頂部にかけて薄くなるタイプに大きく分かれます。

いずれも、男性型脱毛症(AGA)です。

男性ホルモンのテストステロンが酵素のはたらきでデヒドロテストステロンというホルモン(DHT)に変換され、脱毛を引き起こし、髪の成長を止めてしまいます。

女性の薄毛の場合は、特定の部位から毛髪が抜けていく男性型脱毛症(AGA)とは違って、たいていは、髪が細くなり、毛髪全体が均等に脱毛していくのが特徴で、加齢に伴い、起こりやすくなります

女性でも、閉経時に女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが優位にはたらくと、まれに男性型脱毛症(AGA)が起こることがあります。

男性型脱毛症(AGA)

男性ホルモンのヒドロテストステロン(DHT)が髪の成長を止めるために、髪の毛が太く成長する前に抜けてしまい、残っている髪の毛は細くて短い毛ばかりとなる。

瀰漫性脱毛症

髪が細くなって頭髪全体が薄くなり、脱毛部位の境界線がはっきりしません。

髪の分け目が透けて見えるようになる脱毛で、女性の薄毛でもっとも多いタイプです。

分娩後脱毛症

出産後のホルモンバランスの変調で起こる。

妊娠時期に女性ホルモンが活発になり、髪の毛も成長期を維持していたが、出産でいっせいに休止期に入るため脱毛します。

ほとんどは、出産後1年〜1年半で元にもどります。

円形脱毛症

頭皮のある一部分の髪がスポッと抜ける脱毛です。

精神的ストレス、ホルモン異常、リンパ球が毛根を攻撃する自己免疫疾患、遺伝などの原因があるといわれていますが、まだはきりわかっていません。

牽引性脱毛症

ポニーテールなど髪の毛をきつく結んだままの状態や同じ分け目にしておく状態が長く続けると、同じ場所に負担がかかり、その部分だけ抜けてしまう脱毛です。

抜け毛・薄毛の種類ブログ3

粃糠性脱毛症

フケが毛穴をふさぎ、髪が成長できなくなる脱毛。

シャンプーの頻度が多く、皮脂をとりすぎてしまいことが大きな原因と考えられています。

脂漏性皮膚炎による脱毛

頭皮の皮脂が過剰に分泌し、炎症して脱毛が起こる。

通常は皮脂の過剰分泌で脱毛することはない。

かなり皮膚炎が進行した状態で発症。

電話案内

24h予約

レメディのご案内

育毛鍼について詳しくはこちら

育毛鍼

この記事に関する関連記事