髪が細いと薄毛になりやすい?

髪が細いと薄毛になりやすいブログ1

髪が細いと薄毛になりやすい?

髪が細いだけで薄毛になるわけではありません。

生まれつき髪が細い人は元々の体質や髪質ですし、髪が細いから薄毛になるわけではありません。

注意したいのは、髪の毛が急に細く弱々しくなったり、抜け毛が多くなったりした場合や、昔は剛毛だったのに最近は髪が弱々しい場合などです。

原因として、血液の流れがが悪くなって髪の毛に酸や栄養が行き渡ってない、ヘアサイクルが狂いだしていたり、女性の場合は、ホルモンのバランスが崩れた事に起因する可能性もあります。

チェックポイントとして、毎朝、寝癖を確認!

若い頃は寝癖を直すだけで朝の時間がかかったのに、最近は寝癖なんてまったくないという方は、髪のハリも注意。
ハリがない場合は、髪が全体的に弱っている可能性があります。

抜け毛が多いから髪を洗わないほうがよい?

過度の洗髪は皮脂を落とし過ぎると、毛母細胞に悪影響を与えるため、薄毛の原因にもなりやすいと考えられますが、それよりも頭皮を不潔する方が薄毛になるリスクは断然高くなります。

薄毛に悩んでいる場合には、皮脂分泌が不安定な場合が多く、頭皮に酸化皮脂や汚れがねっとりこびりつき、頭皮に頑固な脂の膜が張ったような状態になっています。

そのような場合には、お湯だけでは、髪の汚れやホコリの7割は落ちるが、残りの3割は落ちきらずに頭皮に残ってしまします。

何らかの洗浄剤が無いと汚れた皮脂は取れず頭皮に残留し続けるため、お湯だけの洗髪を続けると、ほとんどの人が頭皮に痒みの症状がでます。

髪が細いと薄毛になりやすいブログ2

抜け毛が怖くてしっかりシャンプーしないとどうなるか?

シャンプーする時に、頭皮をゴシゴシこすって洗うと、泡立ちもよくしっかり洗った気になります・・・が、じつはおすすめできません。

髪の毛は繊維ですから、衣類などと同じように洗えば洗うほど傷めてしまうことになります。

ただい、シャンプーのやり過ぎや、反対にシャンプー不足も抜け毛を増やすことになりますので、加減が難しいところです。

髪の毛が抜けないようにソーと洗うと、その時の抜け毛の数は少なくてすみますが、本当は生理的に抜けるはずだった髪の毛が、ソーと洗ったことにより頭皮に残ってくれます。

しかし、次回のシャンプーで抜ける準備できていたのに、頭皮に残っていた髪の毛が一気に抜けることにより、いつもより多く髪の毛が抜けたように感じます。

すると髪の毛がさらに抜けないようにと、またソーと洗う・・・抜け毛を気にしている人はこんな悪循環を繰り返していいませんあか?

新しい髪の毛は、古い髪の毛が抜けないと生えてきません。

なぜなら毛包(毛根の外側の鞘のよう包んでいる)の数は生まれたときから決まっていて、その後に増えることはないからです。

ソーと洗うと毛穴の汚れが落ちきらず、血行も促されないため、結果として抜け毛などが増えてしまいます。

ヘアケア・スカルプケア(髪の毛や頭皮のケア)の基本は、まずは正しいシャンプーをすることから始まります

それと、古い髪の毛が抜けなければ新しい髪の毛は生えてこないという、毛髪の生理やヘアサイクルも理解しておきましょう。

電話案内

24h予約

レメディのご案内

育毛鍼について詳しくはこちら

育毛鍼

この記事に関する関連記事