薄毛・抜け毛の原因は皮脂?

薄毛・抜け毛の原因は皮脂ブログ1

皮脂にはもともと頭皮を雑菌などの外的から守る役割があり、ある程度なければ頭皮トラブルになります。

洗浄力の強いシャンプーで頭皮を洗髪し続けると、皮質を落とし過ぎて頭皮がカサカサになり、痒みやフケ、ひどければ脱毛を引き起こしてしまう可能性もあります。

適度な皮脂は、髪にとって必要なのです

通常、皮脂のせいで脱毛するということはありません

人間のカラダは、皮脂自体が毛穴に詰まっても、自然に排出するようになっています

ただし、何ヶ月も洗わないでいたりすると、少し影響でるかもしれません。

脂で髪の毛がどうこうなったりはしませんが、清潔にしておくにこしたことはありません。

脂質は洗髪直後でも20%ほど残っていて、6時間後で80%、24時間後には100%元通りに戻ってしまいます。

むかしとの食生活の違いから、現代の皮膚科学では、毎日洗うほうが健康であると言われています。

なので、頭はあまり洗わなくても良いわけではありません

毛穴の脂が脱毛の原因?

男性型脱毛症は男性ホルモンが増えることで起こりますが、男性ホルモンの増加は、頭皮の皮脂腺を活発化して、皮脂の分泌量も増やします。

つまり、男性型脱毛症の発症と頭皮の分泌量増加は同じタイミングですが、だからと言って皮脂成分が抜け毛に直接関係しているわけではありません。

皮脂が多くても、男性型脱毛症にならない人もいますし、逆に薄毛トラブルがない健康な髪の人でも、皮脂は必ずあります

皮脂で抜けるということは、男性ホルモンとは別次元の問題です。ただし、脂分が多過ぎると脂漏性湿疹といって、頭部に湿疹ができることもあります。

脂漏性湿疹が進行して、地肌が真っ赤っかになった場合には、まれにですが、患部の髪の毛が抜けてしまうことあります。

これは男性型脱毛症とは違って一時的なものですから、頭皮の炎症が治まればまた新しい毛が生えてきます

皮脂

皮脂腺から分泌された直後の皮脂は、トリグリセライドやワックスエステル、スクワレンなどの脂肪が大部分を占めていますが、表皮に分泌される頃には、毛包や皮膚表面に棲むバクテリアなどの微生物の影響により脂肪酸やセラミド類が多くなっています。

スクワレンや脂肪酸は簡単に過酸化脂質に変わり、ニキビなどの皮膚トラブルや抜け毛の原因になることもあります。

皮脂は汗と混じり合い、皮脂膜をつくって皮膚表面をコーティングして、頭皮を滑らかにするとともに弱酸性にし、乾燥を防ぎます。

また、雑菌や微生物の繁殖を防ぎ、髪にはツヤと潤いを与えてくれるなど、皮脂自体は大切なものだといえます。

薄毛・抜け毛の原因は皮脂ブログ2

水分量

健康な皮膚を保つうえで必要な角質層の水分含量は15〜20%程度です

この角質層内部に水を抱え込むにはNMF(天然保湿因子、アミノ酸、乳酸、尿素、しおなどの集合体)と皮脂のバランスが大切です。

乾燥、紫外線、ストレス、加齢による皮膚老化などの要因により角質層中の水分は減少しやすくなります

また、皮膚の水分量や皮質量は、季節や食事内容、生活環境、運動量、精神状態などのより常に変化しています

この頭皮の水分量は汗に関係し、エクリン汗腺からの分泌物により変化しています。

エクリン汗腺は温熱に反応して発汗したり、味覚性の刺激を受けて発汗したり、緊張することにより手のひらが汗ばんだりします。

エクリン汗腺は全身に200〜400万個あるといわれ、特に顔面や胸部などに多くあります。

まとめ

ヘアケアは洗髪に始まって洗髪に終わるといわれるように、シャンプーは大切です。

髪や皮膚が汚れているとヘアスタイルがまとまらないだけではなく、フケやかゆみ、炎症などを引き起こしやすくなり、間違ったシャンプーは薄毛を促進します。

私たちの体からは皮脂や汗、フケなどが分泌されており、ベタつきを起こす皮脂は脂腺の細胞が脂肪化してできたもので、本来は皮膚の温度では透明な液状をしているのですが、毛包内を通過するときバクテリアにより分解され、また毛包内の角質細胞と混じってチーズ状の塊になって分泌されてきます。

特に頭皮は皮脂腺が発達しているため、過剰に分泌されるようになると、毛穴周辺に脂栓となってたまりやすく、酸化すると過酸化脂質となってトラブルを引き起こしやす状況です。

頭部は髪があることから汗で蒸れやすく、過剰な汗は頭皮アルカリ性にし、皮膚膜の働きを弱め、雑菌の侵入を助け、フケが発生しやすくなっています。

そのため不潔にしていると頭皮環境が悪化しやすくなり、体の中でいちばん汚れやすい部分といわれていますので、清潔をこころがけなければなりません。

だからといって洗い過ぎたり、頭皮に合わないシャンプー剤を頻繁に使用すると、それが原因で頭皮を荒らし、結果として抜け毛が増えることもありますので注意が必要です。

最近、髪の毛にトラブルをかかえてい人が増えていますが、髪の毛はカラダが健康な上で生えてくるものです。

シャンプーや育毛剤など患部へのアプローチだけでは、育毛効果は期待できません。

髪の毛は伸びても1ヶ月に1cmです。焦らず原因の根本である日々の生活習慣(食事や睡眠など)から改めましょう

電話案内

24h予約

レメディのご案内

育毛鍼について詳しくはこちら

育毛鍼

この記事に関する関連記事