シャンプーの成分

シャンプーの成分ブログ1

界面活性剤

一般的に、シャンプーには合成活面活性剤防腐剤が多く使用されています。

この合成活面活性剤は頭皮への刺激が強いために、頭皮トラブルを引き起こし抜け毛の原因にもなります

界面活性剤は、脂分を含んだ汚れを、水に溶けやすくすることで髪の毛や頭皮から引きはがします。

市販されているシャンプーは、3つの界面活性剤のタイプに分けられます。

アミノ酸からつくられる界面活性剤

低刺激のため洗浄力が弱いので、しっかりとよく洗わなければなりませんが、頭皮への負担が少なく、頭皮が乾燥気味の人や肌がデリケートな人に向いています。

石鹸の原料をベースとした界面活性剤

頭皮への刺激は少なく、洗浄力が強いシャンプー剤です。
皮脂を取りすぎてしまうので、洗髪後にパサついたり、きしんでしまう人は、トリートメント剤で油分を補う必要があります。

鉱物油や動植物油脂などから作られる界面活性剤

市販のシャンプーでもっとも多い界面活性剤。洗浄力は高いですが、頭皮や髪への刺激は強いので、肌の弱い人には不向きです。
合成界面活性剤は種類が多く、どんな洗浄剤を使っているかでシャンプーの質が決まるといえます。

シャンプーの成分ブログ2

育毛には不向きな成分

・ウラレス硫酸
・ウラルル硫酸等
・~硫酸

高級アルコール系界面活性剤と呼はれていて、石油原料から製造された強い洗浄力をもつ成分です。頭皮だけではなくカラダにもよくないと言われています。

ウラレス、ウラリル系の成分は合成でできた化学成分で、安価なため、昔からシャンプーに使用されています。

この~硫酸という成分は脱脂力が非常に強いため、頭皮や髪の皮脂を必要以上に取り去ってしまう性質があり、洗髪後、頭皮や髪の毛の脂分が足りなくなります。

ウラレス硫酸ナトリウム

市販シャンプー成分の代名詞ともいえる洗浄剤で、刺激性は高い。
別名ポリオキシエチレンウラリルエーテル硫酸ナトリウム(ポリオキシエチレンラウリル硫酸塩)。
台所洗剤の主成分。アルキルエーテル硫酸エステルナトリウムと表記されていることもある。

パレス3硫酸ナトリウム

洗浄力、刺激力ともに強い洗浄剤。性質としては、ラウレス硫酸ナトリウムにかなり近い成分。

アルキルスルホン酸ナトリウム

SASと略称される。石油由来の合成界面活性剤。洗濯洗剤などによく使用されていて、洗浄力・刺激性ともに強く、石油原料であることから毒性も強い。

オレフィンスルホン酸ナトリウム

合成界面活性剤。石油原料の合成界面活性剤。刺激性かなり強い。

頭皮改善に向いている成分

ホコハク酸パレス2ナトリウム

コハク酸を使用した弱酸性洗浄剤。
一般に弱酸性洗浄剤は肌のPHに近いためアルカリ系の洗浄剤よりも刺激が少ないとされ、洗顔料などデリケートな部分用によく使われる。

ウラレス3酢酸ナトリウム

合成界面活性剤のなかでは比較的肌への作用が穏やかといわれているもの。
(ちなみに、ウラレス硫酸ナトリウムという、広く使われている指定成分の洗浄剤と名前が似ているが、まったく別物。酢酸と硫酸では性質が大きく異なる。一般に硫酸を含んだ洗浄成分は脱脂力・刺激性が強いので、肌の弱い人は特に気をつけなければならない)。

アミノ酸系洗浄剤

ココイルグルタミン酸TEA(グルタミン酸を使用したアミノ酸洗浄剤の代表格)
ウラロイルメチルアラニンナトリウム

ベタイン系洗浄剤

ベタイン系と呼ばれる洗浄剤も低刺激であり、アミノ酸系と合わせてシャンプーにはよく用いられる。

・ラウラミドプロピルペタイン
・コカミドプロピルベタイン
・ラウリルベタイン

ラウラミドDEA

非イオン系と呼ばれる界面活性剤。洗浄力は弱く、発泡力を高める洗浄助剤として用いられっる。

電話案内

24h予約

レメディのご案内

育毛鍼について詳しくはこちら

育毛鍼

この記事に関する関連記事