頭皮用化粧品と薄毛・抜け毛の関係

頭皮用化粧品と薄毛・抜け毛の関係ブログ1

皮用化粧品

頭皮や髪の毛には、生活をしている上で、皮脂腺から分泌される皮脂や汗、角層の剥離によるフケ、ほこり、微生物、そして化粧品などの汚れが付着します。

これらの色々な汚れは、頭皮の常在菌によって分解されて刺激物質をつくり、頭皮を刺激して、かゆみやフケなどを発生させます。

また、紫外線により、皮脂の中にあるスクワレンが過酸化皮脂を生じて、皮膚を刺激することもあります。

このような汚れや刺激物を頭皮や髪の毛から洗い流し、清潔に保つことは、ヘアケアにおいて非常に重要です

頭髪用化粧品には、洗髪用、タイリング用、トリートメント用、カラー用、育毛用、パーマネント用などがあり、合成界面活性剤が含まれています。

合成界面活性剤は、髪のキューティクルのたんぱく質を溶かす作用があり、角質が溶けると、髪の毛はパサパサになってしまいます。

頭皮の脂質を排除し、頭皮の健康やバリア機能も失わせ、毛根も傷めます。

毎日、繰り返し合成シャンプーを使っている人は、洗髪回数が多い人ほど薄毛になりやすくなります。

合成シャンプーで傷んだ髪の毛に、コンディショナーやトリートメントを使うと、髪の毛はくし手触りもよく、さらさらになってように見えます。

合成界面活性剤は育毛剤の薬剤の頭皮への浸透剤にもなっていて、使い続ければ、頭皮のバリア機能が弱まり、毒性のあるヘアカラー剤が頭皮に浸透しやすくなります

シャンプー剤やトリートメント剤、育毛剤などの頭皮用化粧品を選ぶ際には、使用前に含まれている成分を確認し、ご自分の頭皮や髪の毛にあっている製品をご使用ください。

トリートメント

コーティング剤が入っているトリートメントです。

トリートメントの役割は、髪の毛が乾燥しないために保護するものです

トリートメント剤は、トリートメント、リンス、ヘアパックなど、名前は違っても、入っている成分は基本的に同じです。

特に使い分ける必要はないので、クリーム状のもの、ジェル状のものなど好みで選んでも問題ありません。

ただし、シャンプー同様、よく洗い流してください

シャンプーとトリートメントは、基本的に夜行うのがおすすめです

1日のホコリや脂を落とし、高温多湿の浴場でのヘッドマッサージや頭皮のツボ押しなどを一緒に行うと、育毛効果が高まります。朝の洗髪は寝ていた時の汗をとるくらいなら良いでしょう。

パーマ・ヘアカラー

ヘアカラー剤には、ジアミンやアルカリ剤が含まれていて、地肌に触れるとピリピリした痛みが発生したり、髪の毛が荒れることがあり、状況によっては、脱毛を誘発させやすくします。

髪の毛や頭皮に影響を与えるパーマもヘアカラーも、基本的には髪の毛と地肌にダメージを与えてしまうため、本当は行わないほうが良いのです。

パーマは、髪の長い繊維状にまとまったタンパク質を1度チオグリコール酸という薬剤で切って、くせをつけて、再度ねじれた状態で別の薬剤で統合させます。

パーマ液は、髪の毛の表面を覆うキューティクルをはがして、髪の毛の内側まで浸透させて刺激を加えるので、髪の毛に与えるダメージは非常に大きくなります。

かけるなら、2ヶ月に1回程度、なるべく間をあけるようにしましょう

女性の場合、パーマは、月経後にかけるとよいとされています

これは、女性は女性ホルモンの影響で、月経の周期によって髪の状態が違っうためです。

月経後は、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が増加していて、肌や頭皮の水分量、皮脂量のバランスが整っているので、パーマやカラーリングなどの刺激にも耐えられる状態だからです。

カラーリング・白髪染め

カラー剤には、主に3種類あります。

永久染毛剤

いわゆるヘアカラーです。色持ちがよく、一般的によく使用されているものです。

これは、髪の毛のメラニンを1度脱色して、髪の毛の内側に染料の成分を浸透させるので、ダメージは大きいです。

基本的に、塩素系の薬剤にトリートメント剤を入れただけのもので、塩素系のブリーチの成分自体が髪を傷める原因となります。

白髪染め剤は、髪の毛にメラニン色素が入っていない状態のため、染料が浸透しやすく脱色させるブリーチ力も低いので、カラー剤のような大きなダメージはありません。

しかし、明るい白髪染めタイプはブリーチ力が強いので、出来るだけ黒く染まるタイプのものを使用しましょう。

ヘアカラーと白髪染めでは、髪の毛の色を濃くするか薄くするかで、発色させる成分の量や配合が違ってきます。

ヘアカラーをした直後は、髪の毛が弱酸性からアルカリ性に変わっていて、より傷みやすい状態になっていますので、ヘアカラー液を十分に洗い流して、シャンプーでやさしく洗い、その後トリートメント剤を使いましょう

半永久染毛剤

ヘアマニュキアやカラーリングです。

半永久染毛剤は、髪の表面に浸透して、髪のタンパク質と結合して染料を定着させる酸性のものです。

色持ちがは2〜3週間くらいですが、髪への負担はヘアカラーに比べるとかなり少なくなります

数本程度出てきた白髪を染るだけならばおすすめです。

一時脱毛剤

一時的にスプレーなどで髪の表面に染料を付着させます。髪の内部には浸透しないので、雨や汗、シャンプーですぐに落ちてしまいますが、髪へのダメージはありません。生え際や部分的に使う白髪隠しは、ほとんどがこの一時染毛剤です。

これら、3種類のカラー剤は、髪の毛のダメージを考えながら、使い分けるましょう。

パーマとカラーリングを同時行うと、髪の毛へのダメージが大きいので、理想はそれぞれを2ヶ月以上、最低でも2週間以上は間を空けましょう

電話案内

24h予約

レメディのご案内

育毛鍼について詳しくはこちら

育毛鍼

この記事に関する関連記事