プレトリートメント

プレトリートメントブログ1

オイルケアはなぜ必要か?

 

プレトリートメントとは洗髪前に、ホホバオイルクレンジングオイルを頭皮に塗布し、毛穴につまった古い脂や汚れを浮き出させます。

 

頭皮を脱脂しすぎないようにする目的もあります。

 

シャンプーに含まれる界面活性剤は水と油を乳化させる目的のもので、少しの皮脂分泌だとシャンプーでも落ちますが、実際には毛穴に詰まった皮脂は十分にとれていません。

 

とれていない場合、何回も洗髪を繰り返すという方法(あまりお勧めできません)もありますが、毛穴内部の汚れや皮脂は落ちにくく、マッサージなどの物理的な摩擦を加えないと落ちません。

 

仮に何回もシャンプーを使って洗髪すると、頭皮表面や髪の毛などの脂汚れは落ちますが、新しい髪の毛は引き抜かれ、頭皮は脱脂されてカサカサになってしまいます。

 

シャンプーを何回もおこなった方や、強力なクレンジング剤を使った方の頭皮は、細かく角質が剥がれた状態になっています。

 

髪の毛は皮膚が変化してできるものですから、これでは健康な頭皮とはいえません。

 

そこで、洗髪前の頭皮にオイルをもみ込んで、油で脂を浮かせて汚れを落とします

 

このように、洗髪前のひと手間をかけることで、頭皮の清潔が保てます。

 

頭皮はとても汚れやすく、細菌も付着もしやすいことから、かゆみやフケといった頭皮のトラブルが発生します。

 

この頭皮トラブルは、雑菌やカビなどがが繁殖して起こっている可能性が高いので、毛穴も含めた頭皮を清潔に保つことが、育毛およびスカルプケアの基本となります

 

毛穴に詰まった汚れや皮脂は育毛剤の浸透も妨げます。この育毛剤が毛穴の奥の毛乳頭や毛母細胞に届きにくくなると、育毛効果自体が期待できなくなります。

 

プレトリートメントで使うホホバオイルやクレンジングオイルは、皮脂とお互いによく混ざり合うアブラ同士なので、毛穴内部の過剰な皮脂を、オイルで溶かしてシャンプーで乳化することで、落としやすくすることができます。

 

皮脂の分泌の多い人やベタつきを感じる人、完璧を望む人は直接頭皮に塗り込み、皮脂が少ない人は、シャンプー剤に混ぜ込んで使用して下さい。

 

よく精製されていて調整されたホホバオイルやシャンプーであれば、泡立ちには影響はなく、皮膚表面はシットリしてカサカサにならない上に、毛穴はきれいになりますので、育毛剤の吸収は高まります。

電話案内

24h予約

レメディのご案内

育毛鍼について詳しくはこちら

育毛鍼

この記事に関する関連記事