円形脱毛症

円形脱毛症ブログ1

円形脱毛症のメカニズム

円形脱毛症は、突然、髪の一部分が抜けてしまう症状です。

脱毛部分の周囲の毛をひっぱると簡単に抜け、痛みもありません。 1〜数カ所で、10円玉くらいの丸い形や帯状で抜けます。

毛根への栄養補給が絶たれることにより、毛が抜け落ちてしまうのです。

『強いストレスを感じると円形脱毛症になる』と、少し前まで(今でも)、世間ではよく言われていました。

ストレスが円形脱毛症を引き起こすこともありますが、その場合のストレスは誘因のひとつであり、直接の原因ではありません

 

円形脱毛症の原因は何か?

円形脱毛症は、すべて解明されていませんが、多発型より重症のタイプの円形脱毛症は、医学的に 臓器特異的自己免疫疾患 である言われています

免疫反応とは、自分のカラダに異物(ウイルスや細菌など)が侵入してきたときに、リンパ球が抗体を生みだして外敵を攻撃したり、直接排除したりするものです。

ところが、何らかの原因で自分のカラダの成分を『異物』と認識して攻撃し、破壊してしまうことがあります。これが自己免疫疾患です。

円形脱毛症の場合、髪の毛の細胞だけを限定的に攻撃するため髪の毛は抜けますが、ほかの臓器へは影響はありません
円形脱毛症の発症率は約2パーセントで、子供から大人まで幅広くかかりますが、20歳代の若い患者さんが多く、しかし、15歳以下の患者さんが20パーセント、1歳くらいでも発症します。

近年の研究で、円形脱毛症の患者さんのうち、30~40パーセントは遺伝的要素があると分かりました。

橋本甲状腺炎、膠原病、白斑、重症筋無力症といった自己免疫疾患の患者さんが、高い確率で円形脱毛症も発症します。

アトピー性皮膚炎の患者さんも発症しやすいです。

円形脱毛症の原因は、精神的ストレス、ホルモン異常、リンパ球が毛根を攻撃する自己免疫疾患、遺伝などがあげられますが、特定の原因は解明されていません

ただ、ホルモン異常も自己免疫疾患も、ストレスが誘発していることが多いのです

 

円形脱毛症の種類

 

脱毛症には、大きく分けると2つの種類があります。

成長期にもかかわらず髪の毛が抜けてします成長期脱毛(代表的なものが円形脱毛症)と、成長毛が休止期に入って脱毛する休止期脱毛(男性型脱毛症)です。

アメリカの円形脱毛症患者の会が発行したパンフレッドの表紙には、『円形脱毛症は命にかかわる病気ではないが、人生が変わってしまう病気である』と書いてあります。

円形脱毛症は、ある部分の髪の毛がまとめて抜け落ちてしまうのが特徴です。

この病気はヘアサイクルの成長期にある髪の毛の毛母細胞が、一気に死んでしまうことで脱毛が起きます。

円形に脱毛することが多いのでこの名がつきましたが、必ず円形に脱毛するとは限りません。

脱毛箇所も、1ヵ所から複数ヵ所までさまざまで、円形脱毛症の症状には個人差があります。

もっとも多く見られる症状で、円形の脱毛が1~3ヵ所におきるタイプです。

大きさは1センチ程度から数センチまで色々で、気付いたら髪の毛が抜けていたとい事が多いようです。

ただし、単発型円形脱毛症のほとんどは、治療しなくても治ります

 

多発型

頭部の数ヶ所から数十ヶ所に円形の脱毛ができます。
これは単発型から進行する場合と最初から多発してつながり、広範囲に脱毛する場合があります。

蛇行型

後頭部や即頭部の生え際が、帯状に蛇行するように抜けてくる症状です。

全頭型

多発型が進行し、頭髪のすべてが抜ける場合と、彌慢性(びまんせい=まばら)に脱毛が進行する場合がありますが、最終的には頭髪のすべてが脱落します。

円形脱毛症の患者さんのうち、10人に1人ぐらいはこのように重い症状になっています。

汎発型

髪の毛だけでなく、眉毛、髭、陰毛、からすね毛など、カラダ全体の体毛が抜けてしまうタイプで、もっとも重症です。

円形脱毛症ブログ2

円形脱毛症の治療法

軽症タイプは、ストレスが引き金で発症した場合、ストレスが解消されれば円形脱毛症は消えてしまいます

帯状に脱毛するタイプや、頭全体の髪が抜けるような重症になると、簡単には根治できません。

やはりストレスをきっかけに発症したとしても、ストレスの原因を取り去るだけでは治らないのです。

治療法は個々の症状や年齢に応じて選ばれます。

・ステロイド治療
・液体窒素療法
・ドライアイス圧低療法
・PUVA療法(紫外線療法)
・局所免疫療法

円形脱毛症の原因の一つとしてストレスがあるのは事実ですが、ストレスを感じたらすぐに毛が抜けるわけではなく、3〜4ヶ月の期間がいるので、円形脱毛症になってしまう人は、ストレスの原因がわからない場合が多いのです。

なので、ヘッドマッサージなどで頭皮の血行をよくするケアなどを、日頃から行うことが大切です。

また、十分な睡眠をとる事も重要です。

髪の毛は22時〜深夜2時頃にもっとも成長しますので、できるだけこの時間帯に十分な睡眠をとり、成長を促しましょう。

 

電話案内

24h予約

レメディのご案内

育毛鍼について詳しくはこちら

育毛鍼

この記事に関する関連記事