なぜ 白髪になるの?

なぜ 白髪になるのブログ1

白髪の考えられる原因

日本人の黒髪の色は、メラニンの生成をつかさどる、メラノサイト(色素細胞)という細胞からできています

メラノサイトが髪の色素を作るときに必要とするチロシナーゼという酵素が加齢とともにだんだん作られなくなってくることにより、白髪になるのです。

でも、身体機能が衰えているわけではないので、20代の早い時期から出てくる人がいても不思議ではありません。

まれに、病気が原因で白髪になってしまうことがあります。

あまりのも急激に白髪が増えたとか、若いのに異常に白髪が多い場合は、病気が原因かどうか確認しておいた方がいいでしょう。

臨床的には円形脱毛症や貧血症、甲状腺疾患、尋常性白斑、慢性胃炎などの病気のときに急激に増えたり、特定の部分が集中して白髪になることがあります

白髪が増える時期には個人差がありますが、一般に男性で30歳前後、女性で35歳前後よりはじまり、白髪が頭髪全体の50%になるのは、55歳前後であるといわれます。

長い期間をかけて少しずつ増えていきます。

円形脱毛症

円形脱毛症が治って再び生えてくるとき、最初は白髪が生えてくることが多いため、円形脱毛症を繰り返しているうちに白髪が増えてしまうことがあります。

妊娠中や産後

妊娠中や産後に白髪が増加することもあります。妊娠中はホルモンの分泌が不安定になると同時に、赤ちゃんにカルシウムなどの栄養をとられるためともいわれています。

ストレス

強いストレスが続くと、栄養が偏ったり、免疫力が落ちたり、非常によくない条件が揃ってしまいがちです。そのため、ストレスが誘因の一つとなって白髪を増やすことは事実です。

白髪を抜いてみたら根元が黒くなっていた場合は、ストレスが原因の一時的なものということが多いです。

メラノサイトが減のは、血行不良によって、頭皮や毛細血管、毛母細胞に栄養が行き届かないなどが原因だと考えられています

白髪のメカニズム

髪の毛の色を決めつのは、毛皮質に多く含まれているメラニン色素で、これは毛根部の毛乳頭に接する毛母細胞の上部にあるメラノサイト(色素細胞)でつくられます。

チロシンという無色のアミノ酸が、チロシナーゼという酵素の作用を受けてメラニン色素がつくられ、角化(細胞がかたくなること)する前に皮質細胞に取り込まれて毛髪の色を構成していますが、何らかの障害を受けてつくられなくなると白髪になってしまいます

髪の毛のメラニン色素の入るスペースには空気しか入っていないので、空気が光に反射して白く見えてしまうのです。

白髪を防ぐ食生活

白髪の進行を遅らせるために普段からできることは、何といっても正しい栄養を摂ることです。
白髪を防ぐために特に大切な栄養素は、タンパク質、銅、亜鉛です。

タンパク質

髪の毛はタンパク質からできていますから、良質のタンパク質を摂ることが第一です
植物性タンパク質は動物性タンパク質より吸収率が悪いと言われています。
したがって肉や魚、大豆など、タンパク質にもいろいろありますから、種類豊富に食べるようにしましょう。

食事内容においては、銅を含む食品が不足していると白髪が多くなることがわかり始めました。
銅を含む食材は、牡蠣、ブラジルナッツ、大豆レンチン、アーモンド、かに、ひまわり油、サフラワー油、くるみ、そば、レバー、もつ、乾燥ぶどう、アボガド、ゴマなどです。(レバーは、いろいろな有害物質が蓄積していることもあるので、過剰摂取は控えましょう)

亜鉛

亜鉛は不足すると白髪だけではなく髪質が低下し、抜け毛にもつながります。
亜鉛は鶏肉、豚肉、ゴマ、アーモンド、海草に含まれています。
しかし、亜鉛は食べ物では吸収しにくいため、サプリメントの併用もおすすめです。

ミネラル

ご飯を食べるなら、精製した白米よりも精製していない玄米の方がミネラル豊富で髪の毛にも良いです。

ビタミン

ビタミンB群やピオチン(ビタミンH)は、ビタミンのなかでも、特に重要な成分です
ビタミンB群には、8種類あります。
(ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン)
ピオチン(ビタミンH)は、牛のレバー や卵黄 、大豆などの豆・穀類に多く含まれます。

その他

カルシウム、マグネシウム、鉄、セレン、ヨードなどが髪の毛にとって重要な微量元素です。
これらは野菜や海草などにも含まれているので、積極的に摂るようにしましょう。

白髪予防の育毛剤

サンショウエキスが配合されている育毛剤を使うことで、白髪を予防することができることもわかってきています。

なぜ 白髪になるのブログ2

髪を抜くと増えるか?

白髪を抜いたとして、4ヶ月もすると抜いた毛穴からまた新しい毛が生えてきます。ですが、その抜いた毛と同じ白髪が生えてきます

白髪は一般的には老化による年齢的なもので、メラニンをつくる能力が次第に衰え、毛髪中に3〜4.5%くらいあった色素が消失したものです。

だからといって身体の機能までが老化しているのではなく、肉体の老化とは関係なく発生することもあります。

1つの毛穴からは数本の毛髪が生えていますが、その白髪を抜いたときに毛根の組織が少し破壊され、隣の毛根にも影響します。

すると、抜いた毛の後に生えてきた毛の隣の毛もメラニン色素をつくらなくなってしまい、かえって増えてしまうこともあります。

白髪を抜くと白髪が増えたと感じるのは、このような場合です。

白髪を抜くとどうなるでしょうか?

基本的には、色素が低下している毛根からは、白髪を抜いてもまた白髪が生えてきます。

無理に抜くと、毛根が傷ついてしまうので、次に生えてくる白髪にウェーブがかかったりして、結果としてますます白髪が目立ってしまいます

最悪な場合には、髪自体生えてこなくなることもあります

白髪の人はハゲない?

男性の頭髪の場合、脱毛タイプと白髪タイプに二分される、と思われているようですが、特に若い頃から白髪の人はハゲないという説は、根強いようです。

たしかに若白髪と言われる人は、あまり男性型脱毛症の傾向が、見られないように感じますが、白髪でありながら男性型脱毛症の方は、実はけっこうおられます

白髪の毛根にある毛乳頭細胞が、黒髪の毛根にある毛乳頭細胞に比べて、男性ホルモンの影響を受けにくいかどうか、白髪は黒髪より抜けにくいかどうかは、まだ、科学的には解明されていません。

一夜にして白髪になる?

漫画『あしたのジョー』で、ジョーと死闘を演じた世界チャンピオンのホセメンドーサが、試合直後一瞬で白髪になる、などというエピソードもありましすが、非常にに強い恐怖やストレスを感じるなどの極限状態を体験すると、一夜(一瞬)にして髪が白くなるのでしょうか?

人間の髪の毛の色にも、人種によって黒色や茶色、金色など色々ありますが、これらはメラニン色素という化学的にとても安定している物質によって決定されています。

髪の毛そのものは、すでに角化して死んでいる細胞からできているので、精神的なショックなどの影響で色が変わることはありません

なので、一夜にしてすべて髪の毛が白くなることはありません。

しかし、頭部全体が脱毛するタイプの円形脱毛症にかかった場合は、急に白髪か増えたという印象を与えることがあります。

円形脱毛症では、毛母メラノサイトが存在する黒髪の毛根のほうが影響を受けやすいため、白髪まじりの方が円形脱毛症を発症すると、まず黒い髪から抜けていきます。

円形脱毛症の抜け毛は一気に進みますが、後に残されるのは白髪だけになり、外見からは急に白い髪が増えたように見えます。

円形脱毛症の回復期には、攻撃されにくい白髪が生えてくることもよくあります。

電話案内

24h予約

レメディのご案内

育毛鍼について詳しくはこちら

育毛鍼

この記事に関する関連記事