ミノキシジル(製品名:リアップ)

ミノキシジル(製品名:リアップ)ブログ3

ミノキシジルは、世界で唯一発毛することが証明されている成分です(外用薬)

化学化合物なので、自然界の成分で作れない化学合成で製造されています。

日本では大正製薬の 『リアップ』 (一般用医薬品)が唯一、ミノキシジル成分の発毛剤として許可されています。
(一般用医薬品:医師の処方箋なしで、薬局などで買える薬)

発売当初は濃度1パーセントタイプだけでしたが、現在は5パーセントタイプ(リアップX5)が販売されています。

アメリカでは高濃度の製剤(ロゲインなど)が市販されていますが、1パーセント溶液より3パーセント溶液。

それより5パーセント溶液のほうが効果的だと証明され、濃度がしだいに高まっていて、個人輸入により手軽にしかも比較的安価で購入できます。

ミノキシジルの発見

ミノキシジルはもともと細胞内部のカリウムチャネルを開放する作用のある血圧降下薬で、本来は降圧剤として開発されましたが、副作用に多毛が認められることを利用して、発毛の外用薬として用いられるようになったものです。

ミノキシジルの発毛メカニズム

血管拡張剤として効果を発揮していると同時に、毛乳頭細胞に働きかけてアデノシンを分泌させ、細胞増殖因子(VEGFやKGFなど)の産生を促すことで効果を示すと報告されています。

(アデノシン:生体内に広く存在している成分で、エネルギーを運んだり、シグナル伝達にかかわる)

髪の毛が成長の途中でストップがかかり、休止期に移行する前に、発毛促進剤のミノキシジルが毛乳頭に作用して、髪の毛成長を促します。

ミノキシジルを頭皮に塗っている人には、血管拡張作用で、頭皮表面の毛細血管がコブ状になっている状態がみられます。

脳内部の血管ではなく、頭皮表面の毛細血管なので、コブが万一破裂しても命に関わることはありません。

ミノキシジルを使用し始めて1~2ヶ月経った頃に、まれに抜け毛が増える場合あります。

これは休止期にあった毛包が成長期に入るためです。

古い髪の毛が抜けたあとに、新しい髪の毛が発現します。

ミノキシジルのデメリット

髪の毛以外の体毛も増えてくる

女性の方は顔の多毛の副作用が懸念されるため、ミノキシジル1パーセント製剤を使用(5パーセント製剤は男性のみ:リアップX5)。

・ミノキシジルを使用して、最初だけ髪の毛が生えた人も、塗るのを止めれば髪の毛が次第に抜けてしまう事がある。なので、薬を止めれなくなる場合もあります。

・もともと血圧降下剤として製造されているので、低血圧の方には血圧が下がりクラッとめまいがする場合がある

・アルコールが多く使用されているので、頭皮がかぶれたり、痒みがでたりしやすい

・カークランド社のミノキシジルはリバウンドの脱毛が激しく、人によっては吐き気や頭痛も生じることが多い。

・循環器系に悪影響を与えるおそれがあり、動悸やめまいなどの症状が多くの人に頻発したが、関連性はわからない。

飲むミノキシジル

循環器から全身まで副作用が強すぎる。そもそもミノキシジルは、内服の降圧剤でしたが、あまりに副作用が強すぎて扱われなくなった。

ミノキシジル(製品名:リアップ)ブログ2

医療現場での使用

フィナステリドは臨床試験の結果にもあるように、すべての男性型脱毛症患者さんに効果が現れるわけではありません。

医療現場では、フィナステリドで目に見える効果がでない場合には、直接患部につけて細胞活性や血行を促すミノキシジルと併用するなどの治療法が実施されています。

電話案内

24h予約

レメディのご案内

育毛鍼について詳しくはこちら

育毛鍼

この記事に関する関連記事