紫外線で髪が傷む?

紫外線で髪が傷むブログ1

紫外線で髪が傷む?

スキンケア、スカルプケア、ヘアケアで最も大切なことは、紫外線の遮光性です

紫外線には、サンバーンの原因であるB波は衣類によって70%が遮断されます。

曇りの日でも紫外線は降りそそいでいますし、地面からの照り返しもあり、とくに晴れた日の雪山では80%も反射しています。

砂浜で10〜25%、アスファルトでも10%も反射していますので、あらゆる方向からの防御をおこなわなければなりません。

紫外線はビタミンDの合成に必要ですから完全な悪役ではありませんが、皮膚の老化を防ぐためには、浴びないほうが無難です

長年、恒常的に紫外線を浴びつづけると、顔は黒くなり、深いしわが刻まれてしまいます。

夏場の強い紫外線は、髪のケラチンを破壊し、キューティクルを浮き上がらせます

刺激が強いとされるパーマやカラーリングなどよりも、髪の毛に損傷を与えるています。 何の気なしにあびている紫外線ですが、実はとても怖いのです。

髪の毛は紫外線によって傷めつけられると、ちょっとこすれただけでキューティクルが剥がれるようになってしまいます。

紫外線を受けると髪の毛の構成アミノ酸中のシスチンが分解されます。

すると、頭髪の引っ張り強度が低下したり、水分を保持する毛髪中のタンパク質が破壊されるためパサつきが起こります

過剰な紫外線を受けるとフリーラジカルの作用によりメラニンが酸化分解され、髪が赤茶けた色になったり、キューティクルの損傷や切れ毛に発展しやすくなります。

キューティクルが損傷して剥がれるとさらに髪の潤いを保つタンパク質や脂質がシャンプー時に溶出しやすくなり、髪は変色したり乾燥してパサつくようになって、強度が低下したり、水分保持力が低下するようになってきます。

毛髪は自己修復機能を持たないためダメージを受けるとそのまま損傷が蓄積されてしまいます。

紫外線対策

髪の毛のためのUVケアですが、肌のように急激に損傷が起こるわけではないため、サンスクリーン剤なども数値化したものはありません。

なるべく日光を避けることが大切ですが、強い紫外線を浴びる場合は帽子などで髪を覆うか、UVケア用の乳液やクリームなどを肌だけでなく頭皮や髪にも塗っておくことをおすすめします

紫外線対策ブログ2

紫外線による皮膚への害を軽減する食べ物

 

紫外線を浴びたあとは、リコピンやβカロテン、ゼアキサンチンなどのカロテノイドを摂取し、カラダの内部からも対策をしましょう

緑黄色野菜に含まれるリコピン(トマトに含まれる赤い色素など)や、βカロテン、ゼアキサンチンなどカロテノイドに、紫外線による皮膚への害を軽減する作用のあることが、カゴメ総合研究所と徳島大学医学部大学院の動物実験で確かめられています。

電話案内

24h予約

レメディのご案内

育毛鍼について詳しくはこちら

育毛鍼

この記事に関する関連記事