脱毛の雑学

脱毛の雑学ブログ1

メタボノ人は ハゲるのか?

確かにメタボが薄毛を助長しやすいくなる傾向はありますが、個人差もあり、メタボだからといって必ず薄毛に成るという事はありません。

メタボリックシンドロームでは血液の中の中性脂肪が多い状態になっていますので、血液は不純物が多くなり、ドロドロに濁っています。

また、肥満により内臓脂肪が増えるとカラダの中の臓器や血管を圧迫され、その結果、血流が悪く、頭部の毛細血管から毛母細胞に栄養が供給しにくくなります。

そのため、頭皮の毛細血管が詰まった状態になるので、クリーンな血液が頭皮に回らなくなる事で、髪の毛が育ちにくく、抜け毛が増えやすい状態となってしまいます。

メタボそのものが薄毛の原因という事はありませんが、肥満による体脂肪の増加は、薄毛に深刻な影響を与える可能性が高いので、メタボ自体は治したほうが良いでしょう

精力が強いとハゲる

確かに薄毛の原因は男性ホルモンが関係していますし、睾丸を摘出すればハゲないとも言われています。

しかし、男性ホルモンは体毛の支配はしているが、頭髪には影響しませんので、性欲と毛髪の量は関係ありません。

と言う事で、精力と脱毛は無関係です

ストレスでハゲる? ストレスで白髪になる?

円形脱毛症では、ストレスが直接の原因ではないが、円形脱毛症になりやすい素因をもっている人の場合、強いストレスが発症の引き金になり得るということが分かってきました。

男性型脱毛症は男性ホルモンの作用によるもので、これもストレスとは関係がありません。

白髪は、加齢による現象で、強いストレスを受けた時期に白髪化が進むわけではありません。

男性も女性も白髪を気にする時期は40代以降のことが多く、社会生活や家庭生活でもストレスを感じやすい時期と重なるため、髪の変化とストレスが関連づけて考えられているのかも知れません。

脱毛も白髪もストレス直接関係はないが、円形脱毛症などでは誘因と成りえます

脱毛の雑学ブログ2

脛毛や腋毛を剃ると濃くなる?

脛毛や腕毛は軟毛で、長さも数センチほどで、毛の先端に近いほど細くなる形状です。

こうした毛を剃った場合、成長期の毛が根元の太い部分で切断されますが、毛根は残っているので、毛はそのまま成長をつづけ、剃る前は根元にあった太い部分が皮膚の表面に伸びてくるので、剃る前の毛に比べ、太くて黒いように感じてしまいます。

実際は、剃ってもまた同じように毛が生え揃うだけで、濃くなることもない代わりに、薄くなることも減ることもありません。

腋毛も同様に先端に行くほど細いので、根元の太いところでカットすると、伸びてくる毛の先端が太いため、濃くなったように思われます。

摩擦などの刺激を毎日与えられると、その部分だけ体毛が濃くなることはありますが、剃ったからといって濃くなることはありません

赤ちゃんの髪をそると、毛が濃くなる?

髪の毛がフサフサになるよう、赤ちゃんの髪を剃るご両親がいます。

赤ちゃんは生後数ヶ月~1歳頃までに、大半の髪の毛が生え替わります。生まれたときから髪の毛が濃い赤ちゃんも薄い赤ちゃんも、それが1度抜け、新しい毛になります。(新生児脱毛)

この脱毛は病気ではなく自然の生理的な現象です。

新生児脱毛の開始時期や抜け替わる毛の量には個人差がありますが、生後3ヶ月~6ヶ月から抜けるケースが多いようです。

この脱毛は、ほとんどの頭皮のヘアサイクルが同時に休止期を迎えることから起こります。

特に頭頂部から後頭部にかけて、抜け毛が目立つのが特徴で、全体的に見てもかなり薄くなるので、円形脱毛症と誤解するお母さんも少なくありません。

人間の髪はヘアサイクルをくり返し常に生え替わっており、頭頂部や後頭部分のヘアサイクルが同じなのは新生児の時期だけです。

つまり、新生児脱毛の後は、ヘアサイクルが個々の毛包で異なってくるので、ある部分がいっせいに脱毛することはなくなります。

もちろんこれは青年期までの話で、成人後はヘアサイクルの乱れや男性ホルモンの影響で、脱毛がおききます。

1歳位までの赤ちゃんの髪の毛を剃ったとしても、生えてきた髪の毛は、新生児脱毛で全て抜けてしまいます

剃ってもフサフサの髪の毛には成りません

電話案内

24h予約

レメディのご案内

育毛鍼について詳しくはこちら

育毛鍼

この記事に関する関連記事