海草を食べると髪が増える?

海草を食べると髪が増えるブログ1

海草を食べると髪が増える?

・昆布やワカメが髪を黒々とさせる
・昆布をたくさん食べると、黒々とした丈夫な髪の毛になる
・海藻類を食べていればハゲにならない

海藻類はミネラル豊富で髪によい食品であることは間違いありません。 髪の毛が作られるときには必要ですが、髪の毛はタンパク質から作られて、海草だけだは髪を作ることはできません。

髪の毛を作るもとのタンパク質が大切です。

海藻類など食べ物に限らず、さまざまなサプリメントも同じで、特定の成分を摂取することが髪の毛を育てたり、髪を黒くさせるという話には、科学的な根拠はありません。

髪の毛はタンパク質で構成されているため、育毛には、卵や肉、魚を採ることと、健康な髪のツヤを保つには、ワカメや昆布のミネラルが大切です。

海草の成分

ワカメにはヌメリ成分(ヌルヌル成分)のムコ多糖類が豊富で、皮膚や毛髪の保水性、弾力性を高めるとともに髪に光沢をもたらすコンドロイチンが含まれています。

昆布やワカメ、海苔などは、ヨード(ヨウ素)や亜鉛や銅などのミネラル類が豊富で、甲状腺ホルモンをつくり活発な細胞分裂を促します。

他にもカルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウム、鉄なども豊富で、全身の生理機能をしっかり整えてくれます。

またこのヌメリ成分にはフコイダンが含まれており、免疫力の増強などの効果・機能性をもっていることや、抗腫瘍作用、コレステロールや中性脂肪の低下作用、胃粘膜の保護作用、肝機能改善作用、抗酸化作用などのあることが、多くの基礎研究や臨床試験によって確認されています。

海草を食べると髪が増えるブログ2

東洋医学と髪の毛

東洋医学の考え方では、黒い食品は髪を美しくする、とされています

髪は腎の華といわれるように、生命が蓄えらるる腎の働きと深く関係があると考えられているのです。

そのため年齢を重ねて腎の働きが自然に弱まってくると、白髪になったり、髪が細くなってきます。

腎を強化することが髪のために良いのです。

腎によい食品は、ほとんどが黒豆、黒ゴマ、昆布などのように黒い色をしています。

そしてそれらの食品にはカルシウムやヨードなどが豊富に含まれています

まとめ

海草を食べると髪が増える?説ですが、海草は、残念ながら直接の効果があるというものではありません

電話案内

24h予約

レメディのご案内

育毛鍼について詳しくはこちら

育毛鍼

この記事に関する関連記事