髪のトラブル(ハリ・コシ・パサつき・枝毛)

髪のトラブル(ハリ・コシ・パサつき・枝毛)ブログ1

ハリやコシ

ハリやコシがある髪の毛というのは、髪の毛の表面のキューティクルが整っている状態、弾力のある髪の毛です。

子どもの髪の毛は、細くて傷んでおらず、ハリやコシがあります。

ハリ・コシがなくなる原因は、血行不良、女性ホルモンであるエストロゲンの加齢による減少、脱毛ホルモンの影響によるもの(男性ホルモンのテストステロンが酵素のはたらきで、デヒドロテストステというホルモンに変換され、脱毛を引き起こす)などがあります。

ハリやコシがなくなった状態というのは、頭皮に栄養が行き届かなくなり、髪がやせ細っている状態で、薄毛につながってしまいます。

外側と内側の両方からケアをしましょう。

根元に栄養が集まれば、ツヤのある健康的な髪が生えてきます。

それまでは、アミノ酸入りのトリートメント剤やヘアクリームで外側から補強しましょう。

アミノ酸は髪の原料でもあるケラチン、キューティクルなどタンパク質の構成成分ともなるものです。

髪の毛の表面はこのキューティクルで覆われていて、何層にも重なり合っている魚のウロコのような形をしたもので、このウロコがあることで、汚れがつきにくく、髪の内側を保護してツヤを作り出します。

また、外側から補強するケアと同時に、食事から摂取することも忘れずに。

大豆製品、なかでもアミノ酸が一度に2〜3倍の量がとれる味噌や納豆などの発酵食品を強くおすすめします。

髪のツヤは、髪の毛1本1本の面のクオリティをよくしてはじめて束になって美しさが強調できるのです

パサつきや枝毛

ロングヘアにしていると起こりやすいトラブルが、パサつきや枝毛です。

これらは、脂や水分が不足していることが多いのです。

また、日ごろの髪の毛の手入れも影響します。

爪を立ててのシャンプー、ドライヤーの熱、過度なブラッシングにいる摩擦、カラーリングなどには注意しましょう

電話案内

24h予約

レメディのご案内

育毛鍼について詳しくはこちら

育毛鍼

この記事に関する関連記事