育毛剤と発毛剤の違い

育毛剤と発毛剤の違いブログ1

育毛剤

現在生えている頭皮を、いかにまもり育てていくか、という観点で作られたものです。

発毛促進剤

そのものズバリ、毛を生やす薬ということです。

育毛効果が医学的に立証されているもの

・ミノキシジル
・セファランチン
・ヒノキチオール
・センブリエキス(スウェルナノーゲン、スウェルチオール)
・モノニトログアヤコールナトリウム
・ペンタデカン酸グリセリド
・モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン
・ジアルキルモニアミン誘導体
など、いろいろあります。

効果についてですが、ほとんどの医薬部外品の育毛剤には基本的にアルコール類が含まれていることと、センブリエキスなどが配合されています

これらは血行を促進する作用がありますので、有毛効果はあるといえます

ただし即効性は期待しないほうがいいでしょう。

なぜならば、頭髪は人間の細胞のなかでも、腸の絨毛細胞とならんで分裂スピードが非常に速く、それをさらに速くしてしまうと異常細胞が発生し、癌化するおそれもあるからです。

育毛剤と発毛剤の違いブログ2

医薬品と医薬部外品

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(旧薬事法)での分類では、育毛剤(養毛剤)・発毛剤(発毛促進剤)とは、

頭皮のケア、かゆみ、脱毛、薄毛、種々の脱毛症の治療、予防、防止、養毛、育毛、円形脱毛症などの発毛促進、毛生促進、などの目的で用いられる医薬品および医薬部外品の外用剤の事をいいます。

ヘアトニックのように化粧品の場合は、効能効果を謳うことができないので、せいぜいフケ、かゆみを止めるとか、抜け毛を防止するくらいしか表現できません。

どのようなタイプのフケ、かゆみ、抜け毛に効果があるのかまでは表現できないことになっています。

医薬品

有効成分の効果が認められているもので、疾病の診断、治療又は予防に使用される目的とされる物。あるいは身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされる物と規定されています。

したがってどのような病気に、どのように効くかということを表示することができます。

有効成分というのは体内で作用する成分のことで、使用法を誤ると思わぬ副作用が起こることがありますので、用法、用量を守ることが大切でう。

医薬部外品

化粧品的な面ももっていて、医薬品的な効果もあるというもので、両者の中間に製品です。

たとえば歯磨き、除毛剤、殺虫剤などや育毛剤・発毛剤などがあります。

作用もおだやかですので、どちらかというと積極的治療よりも予防に重点がおかれたものになります。

市販されている育毛剤・発毛剤で薬用◯◯というようなものは、ほとんどが医薬部外品で、医薬品に分類されているものは数種類しかありません。

医薬品には医師による処方箋が必要な医療用医薬品と、薬局、薬店などで購入できる一般医薬品とがあります。

育毛剤・発毛剤では、医療用医薬品には男子型脱毛症用のプロペシアがあります。これは1998年のFDA(アメリカ食品医薬品局)が認可した飲む脱毛抑制剤で、2005年10月には日本でも認可され、12月からは医者の処方のもとで購入できるようになっています。

一般医薬品

一般医薬品はその副作用等により日常生活に支障を来す程度の健康被害が生ずるおそれがあるこちから、おもに消費者に対する情報提供の必要性の程度によって第1類、第2類、第3類の3種にわけられます。

第1類医薬品

一般用医薬品としての市販実績が少なく、安全性評価が確立していない成分はリスクがとくに高いと考えられる成分のもの。

第2類医薬品

まれに日常生活に支障をきたす健康被害を生じるおそれのあるもの

第3類医薬品

日常生活に支障を来す程度ではないが、身体の変調・不調が起こるおそれがあるもの

育毛・発毛薬では

第1類医薬品

壮年性脱毛症の発毛、育毛および脱毛の進行予防薬のリアップ

(薬剤師が常駐する薬局などで薬剤師が手渡しし、商品内容や利用法について文章で購入者に説明する義務がある)

第2類医薬品

カロヤンアポジカΣプラス、ハツモールヘアグロアSなど、安全性に多少の注意を要する

第3類医薬品

カロヤンガッシュなど

————————————————————————————————————–

医薬品として認可されるまでは、効果を立証する試験や安全性などに対する治療がメーカーに課せられ、認可まで長時間を要します。

海外で医薬品としてにされているものでも、日本では海外に比べると医薬品の認可に対して慎重なため、国内では医薬品ちして認可されていないものもたくさんあります。

医薬品として認可されるまでは、効果を立証する試験や安全性などに対する治療がメーカーに課せられ、認可まで長時間を要します。

海外で医薬品としてにされているものでも、日本では海外に比べると医薬品の認可に対して慎重なため、国内では医薬品ちして認可されていないものもたくさんあります。

電話案内

24h予約

レメディのご案内

育毛鍼について詳しくはこちら

育毛鍼

この記事に関する関連記事