キャピシルの育毛効果

キャピシルの育毛効果ブログ1

キャピシルとは?

キャピシルは、ミノキシジルの約3倍の育毛効果があり、そのうえ医薬成分ではないのでミノキシジルのような副作用の心配もないということで、国内外で話題の育毛成分です。

※ミノキシジル:AGA(男性型脱毛症)の治療薬として日本皮膚科学会もその効果を認め、プロペシア(フィナステリド)と共に絶大な信頼と認知度を持つ薬。 もともと血圧を下げる薬で、服用の際に多毛の副作用が出たことから、薄毛治療で利用されるようになりました。

※ミノキシジルの副作用:全身の毛が濃くなる、倦怠感を感じるなど。

病院でのAGA治療は抜け毛予防にフィナステリド、育毛・発毛にミノキシジルという組み合わせが多いですが、キャピシルは脱毛を防ぎながら、育毛も可能した、攻守両方にすぐれている成分です

キャピシルの発見

キャピシルとは、カナダの粧品会社LUCAS MEYER COSMETICS社が開発・発見。

成長因子(アセチルテトラペプチド)と植物エキス(アカツメクサ花エキス)を含み、その他にもいろいろ成分によって作られた化粧品原料です。

キャピシルの成分

ビオカニンA

アカツメクサ(別名レッドクローバー)というマメ科の植物には、育毛効果があるとされる大豆イソフラボンなどと同じフラボノイド(有機化合物)が豊富に含まれており、その中にある「ピオカニンA」は、男性型脱毛症の要因となっているDHT(ジヒドロテストステロン)を作り出す5アルファリダクターゼ(還元酵素)の働きを抑制する効果があると言われています。
(アカツメクサは、欧州で伝承薬として受け継がれていた歴史もある)

アセチルテトラペプチド-3

4種類のアミノ酸により構成され、極めて強力な細胞外マトリクスの修復する効果を持つため、包の構造維持に働きかけます。

キャピシルの育毛効果ブログ2

キャピシルの育毛効果

AGA(男性型脱毛症)の原因とされる、5α-リダクターゼの働きを抑制し発毛を促す効果があります。

最近キャピシルを11%と高濃度で配合している育毛剤も発売されているようですが、キャピシルもミノキシジルのように高濃度の方が効果が期待できるかどうか、副作用の有無はわかっていません。

キャピシルの副作用

植物由来成分とアミノ酸ペプチドで生成された成分なので副作用の危険性はないと言われています

開発会社の検証データで使用されたキャピシルの濃度は5%です。

キャピシルの使用方法

朝と晩に、キャピシルを頭皮になじませて、マッサージを行います。

特に効果的なのが、夜寝る前の洗髪時、
1.シャンプーして髪をよくすすぎ、指の腹でマッサージ
2.髪を乾かしたあとにキャピシをつける。

キャピシル配合の育毛剤

Deeper 3D

モンゴ流シャンプーでお馴染みMONGORYUの育毛剤「Deeper 3D」。
キャピシル5%配合、プラス、モンゴル人やインディアンのヘアケアエッセンスや、成長因子を配合。
93.3%の人が継続使用し、不満度0%。
継続することで育毛効果がより実感できると評判の育毛剤。

キャピシルの育毛効果ブログ3

ザ・スカルプ5.0c(Scalp5.0C)

キャピシル5%配合のスカルプローション「ザ・スカルプ5.0c(Scalp5.0C)」。
キャピシル5%配合、プラス、プラセンタや成長因子など育毛効果の高い成分が凝縮されている。

キャピシルの育毛効果ブログ4

電話案内

24h予約

レメディのご案内

育毛鍼について詳しくはこちら

育毛鍼

この記事に関する関連記事