シワ

シワブログ1

シワの種類

大きく分けるとシワには3つの種類があります。
・ちりめんシワ
・表情シワ
・表皮シワ

シワブログ2

ちりめんシワ

ちりめんシワ(細かいシワ、浅いシワ、小ジワ)は乾燥が一つの原因と言われています

肌は、角質層の細胞間脂質や天然保湿因子(NMF)の働きによって必要な水分量を保持することで、キメの整った滑らかで美しい肌が保たれています。

しかし、加齢や不規則な生活習慣で、水分を充分に保持することが出来なくなると乾燥した肌になります。

表情シワ

表情シワは、顔の表情に合わせてできるシワで、表情が戻れば見えにくくなりますが、歳を重ねるに従って深くなり、真皮のシワへと移行していきます
表情シワは、喜怒哀楽を作る表情筋の動きに合わせ、筋肉と垂直にシワができます
額は眉毛を上げる前頭筋の影響で、眉間はしかめる表情でできる皺眉筋、目尻は眼輪筋の収縮により、それぞれシワができます。

表皮シワ

一般的に言われるシワが表皮のシワです。一番気になり意識するのが、この表皮のシワです。
表皮のシワは、表皮にあるコラーゲン繊維が変質することで起こります
コラーゲン繊維が弾力を失うことで、今までは元に戻っていった表情シワが、徐々に戻らなくなり、深いシワになります。
コラーゲンの量は40歳を過ぎる頃から徐々に減少し、コラーゲン繊維を繋いでいるエラスチン繊維が切れて、繊維がバラバラになってしまい、皮膚のハリや弾力が失われます。
このコラーゲン繊維の変質は、紫外線と加齢が大きな原因であると言われています
紫外線は、コラーゲン繊維を固く変質させ、コラーゲン繊維を分解する酵素にも作用するため、コラーゲンの量を減少させます。
その結果、弾力を失うだけでなく、表皮を薄くして、さらにシワを作りやすい状態にします。

紫外線(UVA)は、真皮層まで届きコラーゲン繊維・エラスチンを変性させることで、皮膚が弾力を失い、その結果しわの原因となります。

また、表皮に影響がある紫外線(UVB)も、角質層を乾燥させるため、細かい浅いしわ(小じわ)ができる原因になります。

シワブログ3

ちりめんシワは表皮のシワに移行するか?

ちりめんシワが進むと、表皮のシワになると思われがちですが、ちりめんシワはあくまでも乾燥が原因なので、どんなに進んでも真皮のシワに移行する事はありません

保湿を心掛けることで元に戻ります。

コラーゲン配合の化粧品

化粧品に含まれるコラーゲンは、保湿成分としては優れていますが、残念ながら真皮のコラーゲンの減った分を補ってはくれません

通常のコラーゲンは分子が大きく、真皮まで浸透できません。ただ、最近では浸透できるように分子を小さくしたものがありますが、自分自身のコラーゲンでないと定着するのは難しいです。

人のカラダは、自分のものでないタンパク質を「異種タンパク」として拒絶するため、魚の骨や皮などから作られいている化粧品に使われているコラーゲンが、人体に定着して皮膚のコラーゲンとして機能する事は難しいです。

例えばコラーゲン注射で真皮にコラーゲンを注入するのと同じで、自分のものでないため定着でず、いずれは吸収されてなくなってしまいます。

シワブログ4

肌を引っ張ってシワを伸ばすのは逆効果

皮膚を引っ張ってシワを伸ばすと、一時的にシワが目立たなくなることもありますが、顔のシワは引っ張ると余計に悪化します。
弾力を失っている皮膚のコラーゲンは、引っ張ることでさらにダメージを受けてしまい、シワを徐々に深く大きくしてします。
皮膚を引っ張るのは、シワのケアではやめた方が賢明です

しわを予防するには、内側と外側からのお手入れが大切

皮膚を上に引き上げることを常に意識して、肌のお手入れをしても、失った皮膚の弾力を取り戻すことは出来ません。
皮膚が弾力を失うと、重力に逆らえなくなり皮膚が下がってきます。失った皮膚の弾力を取り戻すには、真皮にある コラーゲン繊維とエラスチン繊維を健康的にするための、カラダの内側と外側からの積極的なお手入れが必要です。
対策として、
・肌を老化・サビさせる活性酸素を減らす(活性酸素はタバコ・ストレス・紫外線を浴びることにより発生します)。
・真皮のシワができるのを遅らせる対策として、若年からの紫外線対策と、アンチエイジングが必要です。

美容鍼では、真皮層まで鍼先を刺入し、血液循環が改善されることで、壊れた繊維(コラーゲン・エラスチン)を自らの力で修復する作用が期待できます。副作用の殆どない美容鍼で、10年後も自信が持てる素肌を目指しませんか?

美容鍼灸の効果

顔面部への刺激は、筋肉を引き締め、顔面部の血流改善によって、シワの軽減が見込めます。

皮膚の再生が促されることで、肌に潤いを与え、張りをだし、美肌・保湿・美白効果にもつながります。

全身治療における鍼灸の刺激は、全身の血流改善、自律神経系や内分泌系を調節すると考えられています。

また、美容の効果以外にも、冷え症が改善した、太りにくくなった、生理不順が改善したなどのお声を頂きます。

お客様が美容の目的で来院されたとしても、全身的な施術を行うことで、カラダの不調を整えることにつながります。

そのため、お客様が意識していなかった美容に対する悩みに以外の不調についても、副次効果的に改善することがあるのです。

シワブログ5

電話案内

24h予約

レメディのご案内