シミ

シミブログ1

シミと言う言葉は医学的にはないため、厳密な定義はありませんが、肌の上にできた茶色や黒色をした正常な皮膚色とは違う(と感じた)ものを、一般的にはシミと呼んでいます

シミの種類

シミは大きく6種類に分けれます。
・老人性色素斑
・脂漏性角化症
・雀卵班(そばかす)
・炎症性色素沈着
・肝斑
・花弁性色素斑
まずは、自分のシミがどれなのかをチェックしてみましょう。

老人性色素斑

紫外線の影響でできるもので、シミで最も多いのが日光性黒子とも言われるこの老人性色素斑です

主に頬骨の高い部分に、1cm位までの丸い色素斑ができます。
初めは薄い茶色をしていますが、次第に濃くはっきりとなり、時間の経過と共に隆起してくることもあります。
脂漏性角化症になってくるものもあります。
老人性色素斑は、メラニン色素が過剰になっているだけではなく、表皮組織そのものが変化した状態です。
さらに紫外線が当たり続けると、腫瘍ができることもあります。
治療として、初期のものは美白化粧品が、濃くなったものはレーザー治療が有効です。
美白成分は、メラニン色素の産生を抑える事(初期)はできますが、進行して変性した表皮組織を元に戻す事はできません。

シミブログ2

脂漏性角化症

老人性色素斑が進行し、イボのように盛り上がってきたものが脂漏性角化症です
よく観察すると、表面がぼつぼつとしているのが見えます。
手の甲にできる茶色いシミも、脂漏性角化症の場合が多く見受けられます。
治療法としては、レーザー治療が有効です。

雀卵班(そばかす)

一般的には小さいシミのことをそばかすと言いますが、本来は遺伝的なもののみをそばかすと呼びます

10代から鼻を中心にで、小さい茶色い色素班が散らばるようにできます。
雀卵班は鼻に多くできるところが、老人性色素斑との違いです。
よく観察すると、シミのひとつひとつが丸型ではなく、三角形や四角形の形状をしています。
傾向として、色白の人に比較的多く見られます。
治療法としては、レーザー治療が有効で、美白化粧品はあまり効果的ではありません。

炎症性色素沈着

ニキビ跡や傷の跡のように、茶色くシミになって残ったものが炎症性色素沈着です
虫刺されがしばらく消えない状態や、毛抜きでムダ毛を無理に抜いたあと、毛穴が炎症を起こして毛穴周囲が黒くなるのも炎症性色素沈着です。
炎症性色素沈着は、時間の経過で消えることもありますが、2年から3年かかることもあり、その間に日焼けしてしまうと消えなくなることもあるので、紫外線には注意が必要です。
治療として、ピーリングが有効ですが、美白化粧品を併用する改善効果が高まります。

肝斑

頬骨の部分に、もやもやと左右対象にできるのが肝斑です

色は茶色や灰色など様々で、鼻の下や額に出ることもあります。

男性にはほとんどできず、女性のホルモンバランスが崩れた時にできると言われています

女性の妊娠中、ピル服用中、更年期の方によく見られます。

肝と言う事を使いますが、肝臓とは関係はありません。
治療としてレーザー治療は行わず、トラネキサム酸の服用が効果的です。
ピーリング・美白化粧品も効果がありますが、トラネキサム酸を服用するとさらに効果的です。

シミブログ3

花弁性色素斑

夏に海やプールで急に日焼けした後に、肩から背中にかけてできる小さなシミが花弁性色素斑です。よく観察すると花びらのような形をしています。
治療として、レーザー治療が効果的です。

美白成分は万能ではない

シミの中にも、美白化粧品が効くものと、効かないものがあります。
美白化粧品が効くのは、初期の老人性色素斑・炎症性色素沈着・肝斑です
女性が気にするシミのほとんどは老人性色素斑ですが、これに関しては、ごく初期の見えるか見えないか程度の薄いものにしか美白化粧品は効かないため、予防的に早めに使うことがお勧めです。
老人性色素斑は、個人差はありますが、40代位になれば誰にでもできます。
実際にシミができ始めてから使うのではなく、30代になった頃から使い始めるのが理想的です。
美白化粧品は予防的に使うものと心得ることが重要です、部分的ではなく顔全体に、毎日使って、長く続ける事が大切です

シミブログ4

レーザー治療

レザーとは、専用の発光源を用いて単一の波長の光だけを発するように作られたものです

目的の波長を出すために、いろいろな発光源を用いたレーザーがあり、美容ではシミ用・脱毛用、医療では歯科・眼科・麻酔科等など様々な分野で使用されています。

美白化粧品は美白成分配合のもの必ず選ぶ

美白のための化粧品は、使い心地や価格も大切ですが、何よりも大事なのは、美白成分を含んでいるということです

美白成分とは、メラニン色素が作られる際に肌の中で起こる反応を抑えるものです。

つまり、メラニン色素の量を減らすように働くのが美白成分で、漂白のように何でも白くするものではない為、皮膚の黄ばみやニキビ跡の赤みなど、メラニンの影響でない色は消せません。

美容鍼灸の効果

顔面部への刺激は、筋肉を引き締め、タルミを解消し、小顔効果やリフトアップに繋がります

また、鍼を刺すことによる顔面部温度上昇やフレアー現象は、局所反応である軸索反射が関与し、顔面部の血流改善によって、シミなどが軽減します。

皮膚の再生が促されることで、肌に潤いを与え、ハリをだし、美肌効果(くすみ改善・保湿効果・キメの細かい肌作り)や、美白効果にもつながります。

また、全身治療における鍼灸の刺激は、全身の血流改善、自律神経系や内分泌系を調節すると考えられています。

そのため、自律神経失調症やホルモンバランスの乱れが関与しているシミなどの肌トラブルの改善にもつながると考えられています。

美容の効果以外にも、冷え症が改善した、太りにくくなった、生理不順が改善したなどのお声を頂きます。

これは鍼灸の理論から考えると、決して不思議な事ではありません。たとえお客様が美容の目的で来院されたとしても、全身的な施術を行うことで、カラダの不調を整えることにつながります

そのため、お客様が意識していなかった美容に対する悩みに以外の不調についても、副次効果的に改善することがあるのです。

シミブログ5

電話案内

24h予約

レメディのご案内