たるみ

たるみブログ1

たるみの種類

たるみには、大きく分けて4種類あります。
たるみは、しわと同じでコラーゲンの変性が関係しています
コラーゲンが弾力を失うと、重力に逆らえなくなって、たるんできます。
しわとたるみは原因も対策も同じですが、肌のタイプや顔の形によって、現れて方に違いがあります。
・毛穴のたるみ
・涙袋
・二重アゴ
・法令線

毛穴のたるみ

頬の毛穴の開きから、最初のたるみは現れ始めます

若い肌にはハリのあるコラーゲン繊維が真皮に沢山あるので、毛穴を周りからしっかり支える事ができます。

しかし年齢が上がるに従い次第に緩んできて、保持する力が低下し毛穴が開いてきます。

この毛穴のたるみがつながり薄いシワができ、毛穴の部分から皮膚が折れ曲がり毛穴のたるみが目立つようになります。

涙袋

眼球の周りには、目を保護するために眼窩脂肪がありますが、これを支える下瞼の皮膚がたるむと、下瞼が袋状に膨らんで見えるようになります。これが涙袋です

目もとの老化は、上瞼のほうにたるみができ、瞼が重く垂れ下がる方もおられます。この場合視野が狭くなり、まぶたを上げようと常に上瞼の筋肉が緊張するため、頭痛などの症状を伴うことがあります。

目もとの薄い皮膚がたるむとクマも目立ちます。

たるみブログ2

二重アゴ

体重が増えた訳でもないのに二重アゴになるのは、フェイスラインのたるみが原因です

顔の中で頬からアゴにかけては最も脂肪が厚い部分ですが、そこを皮膚が支えきれなくなって下がってきます。

輪郭がぼやけて、次第にアゴのスッキリ感やシャープさが失われていきます。
フェイスラインのたるみは、コラーゲン繊維が弾力をしなうだけではなく、筋肉のたるみも関係しています
年齢が上がるに従い、皮膚だけでなく同じコラーゲン繊維でできている筋肉もたるみます。

法令線

口の両側のシワを法令線と呼びますが、これは表情ジワと違い、口もとの皮膚のたるみと、頬の厚い脂肪が下がってきているのが原因です

なので、無表情でいる時も消えません。

法令線は、他のシワに比べると非常に深いシワなので、シワ用の化粧品などはあまり効果的ではありません。

たるみブログ3

表情筋とたるみ

顔には20種類ほどの表情筋と呼ばれる筋肉があり、その筋肉で皮膚を動かすことで、複雑な変化で表情を作っています。

普通筋肉は、骨に付着して骨を動かしカラダを動かしていますが、表情筋は骨ではなく皮膚に付着しています。

なので、表情筋のたるみと皮膚も一緒にたるんでしまいます
特に二重アゴ・フェイスラインのたるみ・口角の下がりは、筋肉のたるみが深く関係しています。
予防するためには表情筋の筋肉トレーニングが必要でが、トレーニング以外に常に顔に緊張感を持つこと実は1番大切なのです
だらんとした表情は、口角が下がりさらに老けて見えてしまします。
また、表情を作るような運動すると、余計に表情ジワを深くしてしまうので注意が必要です。

たるみ予防には、シワ用の美容液で対策を

色々たるみケア用の化粧品が売られていますが、大きな括りで言うとクマ用もシワ用もコラーゲンに働きかける点では原理は同じなので、ビタミンC誘導体、レチノール、ピーリング剤などが配合されている化粧品なら、どれを使っても問題はありません。

ただし、使用を毎日の習慣にする事が非常に重要なのです

たるみブログ4

美容鍼灸の効果

顔面部への刺激は、筋肉を引き締め、タルミを解消し、小顔効果やリフトアップに繋がります。

また、鍼を刺すことによる顔面部温度上昇やフレアー現象は、局所反応である軸索反射が関与し、顔面部の血流改善によって、シワ・シミ・クマなどが軽減します。

皮膚の再生が促されることで、肌に潤いを与え、ハリをだし、美肌効果(くすみ改善・保湿効果・キメの細かい肌作り)や、美白効果にもつながります。

また、全身治療における鍼灸の刺激は、全身の血流改善、自律神経系や内分泌系を調節すると考えられています。

美容鍼灸を受けた方の感想として、シワ・シミの改善、クマ・くすみの改善、リフトアップ効果、むくみの改善、美白効果、毛穴の引き締め効果などがあります。

たるみブログ5

電話案内

24h予約

レメディのご案内