目の下のクマ

目の下のクマブログ1

眼球の周りは、クッションの役割となる柔らかい眼窩脂肪で覆われており、その眼窩脂肪を瞼が支えています。
瞼の皮膚は、カラダの中で1番薄い部分で、さらに皮脂腺が少ないため乾燥しやすく、神経も敏感な部分です
ただし、瞬きなどで絶えず動かしているので、血行が良いのですが、ちょっとぶつけただけで内出血で真っ青になります。
また、メラノサイトの活動が盛んなため、擦ったりしているとすぐに黒くなり、生理的色素沈着を起こしやすいといところです
このように、瞼の皮膚は、明らかに顔の他の部分の皮膚とは異なる構造もっています。
頬は、瞼と違い皮膚が厚く皮下脂肪も多いので、下瞼と頬の間にどうしても境界線がついてしまい、それがクマ(黒クマ)となります。
年齢を重ねると瞼の皮膚はより薄くなり、誰にでも多少クマができやすくなります。

クマの種類

一般的にクマは、大きく分けると3種類あります。
目の下にクマがあると疲れている印象を与え、年齢より老けて見えるので、気にしている方がとても多い様です。
ただ、本当の意味でのクマというのは、血液がうっ血して青く見えるもの(青クマ)なのです。
・青クマ…血液のうっ血によるクマ
・黒クマ…浮腫、たるみによるクマ
・茶クマ…しみ、くすみによるクマ

目の下のクマブログ2

クマの簡単な見分け方

自分のクマがどのタイプに当てはまるのか調べてみましょう。
青クマ…引っ張ってみると多少薄く見える(血液のうっ血なので)
黒クマ…顔を上に向けると目立たなくなる(たるみは重力に影響から)
鏡を持って顔を上に向けて、クマが薄くなれば黒クマ。
茶クマ…引っ張っても上を向いても薄くならない。寝不足で濃くならない

青クマ

血液のうっ血によるクマ
元々目の周りは、目を動かすための血液が沢山集まっていますが、目の使い過ぎなどで目が疲れると血液が滞り、その血液が瞼の薄い皮膚を通して透けて見えるこのが青クマの原因で、本当の意味でのクマです
色白の方、瞼の薄い方は、皮膚が透けやすいので目立ちます。東洋医学では瘀血体質の方に多いのも特徴です。
青クマを改善するには、まず皮膚の厚みを増やすために、コラーゲンを増やすお手入れを行います。
瘀血体質を改善するためには、適度な運動・冷たいものやタバコを控えて、セルフケアとして目の周りのツボを刺激(軽く押す)してみるのも良いでしょう。
青クマは、一時的にコンシーラーでカバーする事ができますが、根本的には体質を改善する事が必要です。

黒クマ

浮腫、たるみによるクマ
皮膚のたるんで下瞼に陰ができ黒っぽく見えるため、黒クマと呼ばれています。
年齢とともに下瞼の皮膚がさらに薄く弱くなり、眼窩脂肪を支えられなくなって、前に突出して陰を作ります。
ここにむくみが加わると、さらにクマが目立ちます。
シミではないのでコンシーラーでは隠れません。
頭の上から照明が当たると陰が目立ちます。
たるみが出るのはコラーゲン繊維の劣化が原因の為、コラーゲン繊維を強化するお手入れが必要です
対策は青クマと同じです。むくみ体質の方は、冷たい飲み物と塩分を控えましょう。
この黒クマは、1番改善しにくいクマです

目の下のクマブログ3

茶クマ

しみ、くすみによるクマ
目の下に小さいシミができ、それが連なったものが茶クマです
目をこする癖・目元に湿疹ができやすい方は瞼の角質が厚くなり、これがくすみに、さらに茶クマになります。
対策として、通常のシミと同じお手入れを行います。

厚くなった角質には、ピーリングが効果的ですが、湿疹などで痒みがあるとピーリングはできません。

美容鍼灸の効果

顔面部への刺激は、筋肉を引き締め、タルミを解消し、小顔効果やリフトアップに繋がります。

また、鍼を刺すことによる顔面部温度上昇やフレアー現象は、局所反応である軸索反射が関与し、顔面部の血流改善によって、クマなどが軽減します。

皮膚の再生が促されることで、肌に潤いを与え、ハリをだし、美肌効果(くすみ改善・保湿効果・キメの細かい肌作り)や、美白効果にもつながります。

また、全身治療における鍼灸の刺激は、全身の血流改善、自律神経系や内分泌系を調節すると考えられています。

美容鍼灸を受けた方の感想として、シワ・シミの改善、クマ・くすみの改善、リフトアップ効果、むくみの改善、美白効果、毛穴の引き締め効果などがあります。

また、美容の効果以外にも、冷え症が改善した、太りにくくなった、生理不順が改善したなどのお声を頂きます。

これは鍼灸の理論から考えると、決して不思議な事ではありません。たとえお客様が美容の目的で来院されたとしても、全身的な施術を行うことで、カラダの不調を整えることにつながります。

そのため、お客様が意識していなかった美容に対する悩みに以外の不調についても、副次効果的に改善することがあるのです。

目の下のクマブログ4

電話案内

24h予約

レメディのご案内